赤ちゃんへの効果 - ベビーマッサージ山梨|ベビーマッサージ教室Peaceぴーす
ベビーマッサージとは

赤ちゃんへの効果

ベビーマッサージは赤ちゃんの「」「内臓器官」「運動能力」の向上、「赤ちゃんのストレス」に効果的です。またベビーマッサージで体を動かしリラックスした赤ちゃんはぐっすり眠るため、夜泣きの改善にも効果的です。具体的に効果を見ていきましょう。

赤ちゃんの脳の発達を促し、免疫能力を向上させることができます

ベビーマッサージは、神経系統に大きな影響を与えます
優しいタッチやマッサージが自律神経や抹消神経を刺激し、間接的に脳に働きかけます。
新生児の脳は成人の脳の30%しかありませんが、3歳までに70%以上まで成長します。この驚異的な成長をする期間に、外からの刺激を与える事によって、神経回路のネットワークをどんどん繋げてあげることができます。

赤ちゃんの便秘解消や、運動機能向上に効果があります

マッサージによるスキンシップは、循環器、消化器、排泄器のみならず、神経系免疫系の成長を促します。
また、運動神経の発達が促されるため、寝返りやお座りが安定します。
さらに、深い呼吸を促すため夜鳴きに効果があります

赤ちゃんがリラックスの感覚を覚え、ストレスが解消されます

まだママのおなかにいる間に、ママの緊張状態が続いていた場合、また、緊急帝王切開促進剤の使用なども赤ちゃんにとってはストレスとなっています。
また、生まれてきたばかりの赤ちゃんには、おなかがゴロゴロしたり、素肌に感じる空気の動きなども穏やかなストレといえます。
肌をやさしく刺激する事で、このようなストレスにも、ベビーマッサージは絶大な効果があります。

ママやパパと赤ちゃんとの深い絆を作ります

赤ちゃんは、ママが愛情込めて優しく触れてくれていることをちゃんと分かっています。
ママの手の温もりと暖かさで気持ちよくなり、リラックスします。何より、ママやパパに愛されているという安心感を持つようになります。

生まれてきてくれた赤ちゃんと、肌と肌でコミュニケーション
ベビーマッサージとはベビーマッサージの目的と効果メニューと持ち物
トップボタン

携帯サイトQRコード

TOPへ戻る